MainMenu
 

 第134回

写真館へ
久しぶりに京都へ・・・
今回は昭和の小堀遠州と称された 重森三玲氏が作庭した庭園巡りをしてきました(詳細は4月14日のブログにて)
 第133回

写真館へ
大須は名古屋のど真ん中にある昔ながらの繁華街で、この大須観音を中心として賑わってます。
大須観音の境内では毎月18日・28日に骨董市が開催されていて久しぶりに覗いてみました。
 第132回

写真館へ
またまたマンスリーをすっかりとサボッてしまいました。
1月は京都の東寺の初弘法市に出かけましたが、いまさらマンスリーに・・と遠慮したら、2月早々に義母が亡くなり撮影も出来ない日々が・・・
で、一年振りに犬山へ妻の仕事(夏物展示会)のお供をして、犬山の町をブラリしました。
 第131回

写真館へ
11月19日に京都へ一人で出かけました(妻も行きたそうでしたが前日に九州旅行から帰ったばかりで、カピー号の世話しといて・・とお願いした)
多分京都の何処に行っても混んでるだろうなぁ・・と思いながら三尾へ車を走らせましたが、案の定で最初に行った「栂尾山 高山寺」は駐車場は満杯!個人の駐車場へ・・・やはり今日は先が思いやられるかな。
 第130回

写真館へ
相変わらずのマンスリーサボッツてました。
今回は10月末に八ヶ岳南麓に行ってきましたが(11月2日のブログに詳細が…)カピー号を連れて行きましたので撮影が目的でなく、妻の行きたい所とカピー号が行ける所を選んで行きましたから、撮影が目的じゃないんです(トホホ・・・)
 第129回

写真館へ
最近マンスリーをサボッてます。
j実は毎年6〜8月にかけて行ってた、八ヶ岳・蓼科・白馬(栂池)安曇野など信州へは家の野暮用とか私ないしは妻の都合などで全然行けなかったのです。
そんな訳でマンスリー用の画も無く、8/30の「日本ド真ん中祭り=ヨサコイ」を撮ろうと思いましたが雨!!
で、つまらないマンスリーで、お茶の濁す羽目になりました。
今回のは車で営業中に信号待ちの時に撮った車窓からのバカらしい画を載せます。
 第128回

写真館へ
5月21日(水)に前から妻から是非・・と頼まれていましたので、京都は東寺の弘法市へ行くことのしてましたが、名神高速の工事渋滞も予測されたので、急拠に滋賀の佐川美術館へ行ってきました。
NHKLの「新日曜美術館」という番組で、楽焼の17代当主である 楽吉左衛門さんが精魂込めて、凝りに凝って拘りに拘って創った茶室・展示室の別館を見たくて行ったのです(私のブログに詳細を・・・)
 第127回

写真館へ
体調を崩したり、桜の撮影も苦手ということで久しく撮影行してなかったのですが、21日に滋賀県は大津市の郊外にある「叶匠寿庵 寿長生の郷」へ行ってきました。
ここは本来は食事を摂りに行く所ですが庭園が広いとかで(63千坪)庭の散策を主たる目的として行ってきました。
大津までろルートは新名神が開通しましたので、我が家から湾岸道〜東名阪〜新名神〜名神の瀬田東まで約1時間半でした。
 第126回

写真館へ
3月は風邪をひいたりして体調を崩したし、妻も私の風邪を引き継いでくれたり・・としましたので、撮影行が出来なかった。
その中で春の海を少し撮りましたのをアップしました。
 第125回

写真館へ
今冬は寒いのに雪が降らず、このまま降らないのか・・と思い三重県は「御在所岳」へ樹氷を見に行きました。
この御在所岳へ行った後に名古屋にも雪が降りましたがベタ雪で撮影には無理な雪でした。
 第124回

写真館へ
毎年の1月中旬に京都は伏見稲荷さんへ妻の店の商売繁盛祈願に行ってます。
今回は妻の行きたい所へのお供ですので、一応カメラは持参してますが私の撮りたい場所・時間はありません。
ですから歩きながらの撮影です・・・
 第123回

写真館へ
11月末に名古屋港はポートメッセでモーターショーが開催された。
東京での開催は40回を重ねてますが名古屋では15回目であり、規模も半分以下と寂しい。
今回も車の撮影とネーちゃん撮影とを兼ねて行ってきました(笑)
 第122回

写真館へ
12月になって従兄妹会があり行き先は三重県は鳥羽から船に乗っての「答志島」へ一泊で行ってきました。
ホントはあまり行きたくなかったのですが、ひょっとして太平洋から昇る日の出が見られかも・・・と考えて参加しました。
旅館の人に確認したら、この時期は太平洋上からは無理で小さな丘の上辺りから・・ろの説明でした(残念)
でも翌朝早く起きて旅館の屋上へ・・・屋上は夜の星を見るようにサンデッキ等が用意されてた。この日は凄く寒くて強烈な風が吹いてましたが30分ほど我慢して撮り続けました。
 第121回

写真館へ
12月初旬の京都へ行ってきました。
やはり紅葉には一週間遅くてピークを過ぎてましたが、今回は同伴者の希望をベースにした京都を楽しむ・・・を(古い町家や洒落たカフェ巡りなどをして紅葉撮影は二の次でした。
ただし町家や食事処やカフェ等の撮影は控えたので街中風景もありません。
 第120回

写真館へ
個展準備等で撮影行を封印しってましたのでマンスリー更新が・・・
で、今回は個展で展示した作品の一部をマンスリーとして逃げます(笑)
 第119回

写真館へ
とうとう8月はマンスリー更新しませんでした。
二度目の八ヶ岳も行ったのですが、撮影目的じゃなかったし「今、会いにいきます」の映画やドラマのロケ地だったヒマワリ畑も天候不順で殆ど咲いてなかったり・・・
他にバタバタしてたりして更新サボッてしまいました。
で、季節物のネーチャー系も無理となりましたので、珠ちゃんの撮影作品をマンスリーとします。
 第118回

写真館へ
6月は毎年恒例となっている、妻の仕事(秋・冬物展示会の仕入れ)で伊勢志摩のホテルへ一泊のお供です。
妻が仕事中は私一人で鳥羽をブラブラするんですが、この時期は撮影対象も無く暑いし・・・で、やはり水族館へ行ってしまいました(笑)
 第117回

写真館へ
信州へ行ってきました。
毎年のように春と秋に行ってますが、今回はいつもより早い時期でしたが、八ヶ岳の住人のお誘いもあり妻が是非とも・・の要望でしたので撮影は諦めて(撮りたい花には少々時期早し)カピー号も連れて行きました。
ペット同伴ですと行く場所に限定されますがカピー号も年で、あまり無理させられない状況になりつつありノンビリとしたスケジュールを組みました。
コースは八ヶ岳の南麓から北麓へ回り奥蓼科へ、そして久しぶりに安曇野へ・・美術館巡りをメインとしました。
 第116回

写真館へ
毎年のことではあるが今年のGWも家の事情で泊旅行は諦めて、近場ぐらいで我慢しました。<br>私の好きな美術館の一つで展示品が変われば行く「古川美術館」へ行ってきました。美美術館の公式サイトは コチラ です。
今回は地元出身の型染染色家の”鳥羽美花”さんです。彼女の経歴参照は コチラ が詳しいです。
 第115回

写真館へ
ブログにも書きましたが、久しぶりに京都へ・・・今回は私一人で妻は留守番してくれました。
桜は終わってると思い、行き先を絞り込んで「重森三玲・・庭園美術館」に予約をしメインとした。
場所は京都大学と吉田神社の近くであり、もう一個所は「橋本関雪記念館=白沙村荘 」の庭園を見ることにしました。
ついでと言うと変ですが京都郊外に嫁いでる姪っ子の義母のお見舞いも兼ねての京都撮影行きでした。
 第114回

写真館へ
桜の開花が早まる予想でしたが、やはり暦通りに近くて今回のマンスリーには間に合いませんでした。
家庭の事情もあって撮影行もままならず、ホントに近場(私の家から半径5キロ)の春をお届けします。
 第113回

写真館へ
今年は異常な暖冬(不都合な真実)で、もう桜の開花情報が・・・・
慌てて先日に足助の中馬のお雛さんを見に行った帰りに家の近くまで戻ってから急拠「なばなの里」へ行き、梅と河津桜を見てきました。
なばなの里は2月までは入場料が千円(3月から1.5千円)ですが場内で使える千円の金券があり実質(買い物するか食べれば)無料みたい・・・?
 第112回

写真館へ
先日、足助の「中馬のお雛さん」へ行ってきました
.今までは私一人の撮影行でしたが、妻がまだ行ってないという事で初めて一緒に行ったのですが、その分私の撮影行動に制限される訳で自由に撮る事が出来ませんでしたが、まぁ女房孝行と諦めて、ポートレート???撮影で終わりました。
お雛さんという事ですので期間限定で中旬には更新します。
 第111回

写真館へ
今回は先日撮ってきたアルゼンチン・タンゴです。
妻の友人の娘さんで、ずーと撮ってきたフラメンコ・ダンサーの令ちゃんが一昨年に結婚して今は子育て中なのでダンスは暫らく休演中です。
その令ちゃん夫婦がイベント企画の「ボヘミア」をスタートさせました。 専属カメラマンとして第一回の企画である「アルゼンチンタンゴ・ショー」を撮りましたが、会場は狭く照明も不十分で、フラメンコと違いタンゴはステップが大きくて動きも激しくてフラッシュも焚けず・・の苦戦でイマイチの作品です。
フィルム作品は企画元へ渡しましたのでデジ作品のみです。
 第110回

写真館へ
12月は殆ど撮影行出来なくて、前回コメントしたとおり大和路へ行った時の続編とします。
ただし、紅葉無しの修学旅行レベルの作品ばかりでゴメンなさい。
 第109回

写真館へ
11月28日に久しぶりに大和路へ、実は京都へ行こうと思ってたんですが平日でも凄い混みようでしたので・・・・・
マンスリーですが次回(来年1月)に紅葉の作品も変だから更新しました(笑)
スタートは私の好きな高畑町界隈(春日大社の裏側辺り)からで、新薬師寺から東大寺の大仏殿裏参道から二月堂そして斑鳩の法隆寺界隈と廻り夕暮れの西ノ京を狙ってのぶらい撮影行でしたが、日帰りではちと無理だった・・・
大和路の続きは次回の新年更新の予定です。
 第108回

写真館へ
先日、NHKの衛星放送で「迷宮美術館」という番組を妻と見てて、熊谷守一画伯を取り上げてた。この画伯の本物の絵を見たい!!と思った。
そうだ!熊谷さんは岐阜の付知生まれだったのを思い出し、ネットで調べたら、やはり付知に記念館があった。
記念館は付知ですが、熊谷守一美術館は東京にあります。http://www.kumagaimori.jp/
付知にあるのは付知が生誕地だから・・の小じんまりとしてました。http://www.tsukechi.co.jp/
 第107回

写真館へ
今年は春先からカピー号が調子悪くて、例年の八ヶ岳や白馬への旅行が出来なかったけど秋になって、ようやくカピー号の調子も戻り久しぶりに蓼科〜八ヶ岳へと行ってきました。
やはりカピー号が一緒だから撮影もままなにませんでしたが、元々、女房の観たい場所・買い物の場所・食べたい場所とカピー号が行ける場所を選定しての行程でしたから、私の撮影は二の次にしました。
それに今回はポジ・フィルムで撮るのをベースにしましたので、今回の展示作品はデジのみで少ないです。
 第106回

写真館へ
この夏に滋賀県は長浜で頼まれ仕事(撮影)があって、妻も前から行きたい所でしたので7月・8月末に二人で2回行ってきました。で、3回目は少々目的が違いましたので私一人だけ行ってきました。
 第105回

写真館へ
イベントの下手な名古屋にも定着してきた「名古屋ど真ん中祭り=ど祭り」が8月の26・27日に開催された。
この日は日本テレビ系列の「24時間テレビ 愛は地球を救う」と重なり、名古屋の中心街は人で混みあってた。
私は妻の店の関係から店の地元である、鳴海会場であるチームの密着撮影を頼まれたので撮ってきましたが、この会場は旧東海道の道で踊りがあり小じんまり会場ですが風情があって好きです。
なお、私が追っかけ撮影したチームは翌日の本戦で最優秀大賞を受賞しました。その為、そのチームの画像はサイト公開出来なくなりました。
多分、チーム公開されてるサイトがあると思います。
 第104回

写真館へ
7月は雨が続き撮影行には・・と思ってたら、女房が体調を崩し、さらにカピー号も依然として調子回復せず。
そんな訳で、今回も近場です。
やはりこの時期は蓮の花と近くにある(星名池)へ行き撮ってきましたが、ヒネクレ者ですから、まともな蓮の美しさは撮らず、お遊び感覚の撮影です。
星名池には2度行き、2度目は女房と雨の日に一緒。
 第103回

写真館へ
梅雨に入る時期には毎年のように八ヶ岳や栂池へも行く予定してましたが、最近カピー号が体調悪く(普通の生活には支障ないのですが…)八ヶ岳も諦め、そして京都郊外の嫁いでる姪っ子からの誘いの源氏ホタルの乱舞撮影も行けませんでした。
で、近場の撮影で我慢の状態です。
今回は妻と用事で行った安城市に、京都の詩仙堂の住人だった、石川丈山がこの安城市の出身で、その記念施設として「丈山苑」があり、雨の中行ってきました。
 第102回

写真館へ
6月になり、そろそろ梅雨入り季節となりました。
梅雨の時期に花の代表として「花菖蒲」と「紫陽花」ですが、今回は近くにある知立神社に寄って花菖蒲を撮ってきましたが少し早かったようです。
 第101回

写真館へ
今回も古い町並みシリーズです。
三重県は亀山市にある関宿です。旧東海道の町並みは太平洋岸ベルト帯にあり、近代化と都市化に伴い殆どの宿場町は失いつつありますが、ここ関宿だけはかなり山側(鈴鹿山系近く)都市化から取り残されたのが幸いしたのか、約2キロに亘る宿場町がその時代のまま取り残されたように現存してます。
よって、この関宿だけが国によって重要伝統的建造物群保存地区に選定されてる。
 第100回

写真館へ
今回でマンスリーの更新公開100回目です。私がまだホームレス(自分のホームページを持ってなくて皆さんの掲示板への訪問のみのこと)だった頃に、難病ながらビハビリを目的にホームページを開設していたクロちゃんのサイトに私の写真ギャラリーを設けていただき、それ以来今回で100回目を迎えました。
これも皆さんの励ましやお叱りを受けながら愚作を撮り続けられたものと感謝しています。
今月は愛知県は三河の南部にある 西尾市へ行ってきました。西尾は三河の小京都とも言われてますが、抹茶の生産量日本一(シェアー25%)だそうです。今回は私が是非行きたい場所が…
 第99回

写真館へ
毎年のことですが、この時期に犬山城の麓にあるホテルで妻の店の商品である「春夏物の展示会」があり、今年も一緒に行きましたが、彼女が仕入する時間(約3時間)はフリータイムです。で、私は犬山市n古い町並みをぶらりと歩き、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の舞台のような昭和(中には江戸・明治・大正時代の建物もあり)時代の風景を切り取ってきました。
 第98回

写真館へ
昨年12月は兄貴の件もあって撮影行出来ず、今年も京都へ初詣ぐらいで殆ど撮ってないです。で、昨年12月に名古屋地区は2回も大雪(大袈裟かな?)が降り、1月に入って寒さも厳しくなりましたが、毎朝のカピー号との散歩で撮った《雪・氷》をマンスリーとします。でも、もう直ぐそこまで春が近づいてて、ロウバイや水仙そしてマンサクが咲き始めてます。
 第97回

写真館へ
今年初めの展示作品はネーチャー系じゃなくてネーチャン系です(笑)。昨年末に名古屋のポートメッセにて「第14回モーターショー」が開催されました。同じ時期に名古屋港のイタリア村にてスーパーカーの展示されていて、車を撮ろう?と思って行きましたがモデルさん中心に撮ってました…